実践すればわかるスキンケアの威力


実践すればわかるスキンケアの威力ブログ : 2015/11/15


頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、
背骨の間に存在して緩衝材的な役目を担っている椎間板(ついかんばん)という柔らかい線維軟骨がはみ出してしまった状態の事を指しています。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹で、
皮脂の分泌異常の主因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンB群の不足などが大きいと考えられています。

心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭まって、
血液の流れが止まって、栄養や酸素を心筋に配達できず、
筋肉細胞そのものが壊滅状態になる怖い病気です。

前立腺という生殖器は生育や働きに雄性ホルモンが大きく関連しており、
前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの影響で大きくなってしまうのです。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、
地表まで達したUV-Bは肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破壊するなど、
肌に悪い影響を与えることになります。

体を撫でることなどで、高齢者が猫のことを愛おしいと思った時に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌されて、
ストレスを低減したり心の癒しなどに繋がっているのです。

体重過多に陥っている肥満というのは言うまでもなく摂取する食物の種類や食生活の質、
運動不足が主因ですが、内容量の変わらないごはんだったとしても、
せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。

鍼灸のはりを体に刺す、という物的な程よい幾多の刺激が、
神経細胞を活性させ、神経インパルスと称される要は電気信号伝達を引き起こすのではないかという見解が広まっています。

食事という行為は、食べたい物を気軽に口へ入れたら20回前後噛んで嚥下して終わりだが、
そのあと身体はまことにまめに機能して食物を体に取り入れる努力を続ける。


毛探偵の話も終わりに近づいて行ってるなぁ。寂しいなぁ。 11月24日(火) スクールバス時刻表籠原駅南口発→8:50 8::30 森林公園駅発→8:00 9:55

なんでだろうか歯医者に行くのが楽しみでならないww 唐突にツインダガー振り回して全身筋肉痛になったらまねに、湿布貼ろうとしたら、いやいやして逃げる毛玉(?ω?)もしゃ、もしゃ